So-net無料ブログ作成
検索選択

貧血のお話 後編 [貧血]

鉄欠乏性貧血なら通常は、鉄剤を飲むことによって、症状の解消へ導くことができます。
数ヶ月飲み続けることで、ある程度症状は回復します。
しかし、身体の鉄貯蔵までも改善させるのであれば、もう少し長い間の服用が必要となります。
また、食事にも気をつけることが重要です。

鉄剤や食事での鉄分を摂取するときには、お茶のタンニンが阻害することがありますので、気をつけてください。
食品としての鉄分は、レバーや赤身の肉、ひじきやもずく、ほうれん草、小松菜などに多く含まれています。
積極的に摂取すると良いと思います。
また、鉄分を吸収する働きをしてくれるビタミンCを同時に摂取することは、非常に効果的です。

とはいえ、症状が重くなってしまえば、食品での鉄分摂取では間に合わないと言えます。
使用する鉄分だけでなく、貯めておく鉄分も補充するためには、鉄剤の使用が必須となってくるでしょう。
血液検査などによって、医師が服用の指示をしましたら、しっかりと飲み続けましょう。
症状が改善しても、まだ飲み続ける可能性がありますが、鉄分がまだ貯蔵するところまで行っていないと認識して飲み忘れなどをしないようにすることが、鉄欠乏性貧血を改善させるには大切です。
タグ:血液

貧血のお話 中編 [貧血]

貧血というのはどのような状態になることでしょうか。
血液の赤血球の中には、酸素を送る働きをするヘモグロビンという成分があります。
人間は、鉄分を食品でのみ摂取することになるのですが、何かの理由でヘモグロビンにとって重要な鉄が減少することで、ヘモグロビンが減ってしまうことになります。
そういったことから、貧血の検査ではヘモグロビンの濃度を測り、それが低い数値であれば貧血と言われます。
ヘモグロビンの合成には、鉄分が必要であり、鉄分が不足することによって貧血となります。
このタイプがマッサージ 求人 東京でも言われているように最も多くある貧血です。

また、人間の身体は、肝臓などに鉄を一旦貯めておくことができます。
ですので、出血したり、一時的に摂取が減少したとしても、肝臓にある鉄がヘモグロビンの為に与えられるので、通常は簡単に貧血にはならない仕組みになっています。
しかし、妊娠中、または授乳中などによって、多くの鉄が必要になる時期などは、食品から摂取できる鉄分と貯めてある鉄分に対して、使用する鉄分が大きく上回り、鉄分を失うこともあります。
貯めてある鉄が無くなってしまえば、薬などで鉄分を補充しないとヘモグロビンの濃度は低下し続けます。
これが、鉄欠乏性貧血のメカニズムです。

鉄欠乏性貧血は、妊娠出産期の女性限定ではなく、元々の食事での鉄分不足でも考えられます。
また、池袋 アロママッサージ以外の何らかの理由による出血というのも、貧血の原因になります。
また、胃の手術後なども、鉄分をうまく摂り込めないので、鉄分不足になることがあるそうです。
タグ:血液

貧血のお話 前編 [貧血]

やはり、女性特有の病気というのは、とても数が多いです。
月経不順によって分かる何らかの疾患や、危険な乳がんなどの乳房の疾患など、男性とは違うパーツを持つことで、また違った病気の可能性があります。
また、毎日の生活が過ごし辛くなる月経時や、人によっては痛みを感じる排卵期、精神的にブルーになる月経前などは、生命に危険があるわけではないとは言え、女性にとってはかなり辛いものとなります。
できれば解消したいものですよね。
まだほかにも女性特有の病状というのは、冷えやむくみなど様々なものがあります。

常に体調の悪さを感じやすい貧血というのもまた、女性に多い病気だと言えます。
それは、やはり毎月の月経という仕組みによって、血液の排出が多いからだと考えられますね。
胎児に栄養を与えなければならない妊娠時なども、特に栄養が足りなくなりがちで、症状として貧血はかなり多くの妊婦が経験すると言います。
また、過剰なダイエットを行う人が多いのも、女性の貧血の大きな要因とも言えます。

貧血の症状としては、ダルさやイライラと言った気分の変化、めまい、動悸、頻脈と言うように、精神的な変化と身体的な変化があります。
例えば、顔面蒼白などは、貧血であることが分かりやすい症状でしょう。
このように、日常生活に違和感を感じる症状が並びますが、酷い方になると、日常生活も困難になることもあります。
タグ:血液

慢性関節リウマチのお話 後編 [リウマチ]

慢性関節リウマチは自己免疫疾患の一種だといわれています。
自己免疫疾患というのは、通常、菌などを退治するはずの免疫力が、逆に自分の身体を攻撃してしまうというものです。

加齢によって起こる印象の強いリウマチなのですが、三十代に多いのは、妊娠出産のホルモンバランスなどが、影響している為ではないかと言われています。
女性には、乳腺刺激ホルモン、卵胞ホルモンというホルモンの働きがありますが、この働きは自己免疫を強くすると言われています。
妊娠中には、副腎皮質ステロイドホルモンというのが急増して、免疫の力を一旦抑えているそうです。
しかし、この作用は出産までです。
出産を終えてしまうと、この抑制が解かれることになります。
一気に、抑えるホルモンの作用がなくなると、急に免疫の機能が高まりすぎて、自身を攻撃する自己免疫疾患という状況になりやすくなってしまいます。

関節の症状が酷くなると、安静にしていなければいけませんが、症状が初期ならば、運動も効果的です。
そのまま症状を放置しておくと、関節の形が変わってしまい、動かなくなってしまうこともあります。
慢性関節リウマチは、一気に酷くはならず、回復したように見えつつも、徐々に進行していくという形の病気ですので、油断していると病状が悪化してしまうということがあるようです。

症状が見られてからの改善方法では、薬やリハビリテーションや手術という選択があります。
症状が軽ければ、リハビリである程度改善が見られるようです。
また、筋力にも影響がある為、筋力をつける運動は必須かもしれません。
タグ:関節

慢性関節リウマチのお話 前編 [リウマチ]

関節痛は、加齢による症状の代表的なものと言えます。
リンパマッサージ 高田馬場でも治りません。
関節痛は、通常、軟骨のクッションが弱くなったりすることと、加齢によって骨の動きが不自然になることが考えられています。

そして、関節の痛みの症状のなかでは、リウマチという代表的な疾患があります。
リウマチと言えば、関節が痛む年配者の病気だと思ってしまうかもしれませんが、この症状は単なる関節痛とは違う現象で起こります。

慢性関節リウマチの発症は、三十代からと比較的若くみられ、だいたい五十代くらいまでに発症すると言われています。
人口の約0.5パーセントから1パーセントが慢性関節リウマチであると言われているくらい、非常にかかりやすい疾患でもあります。
男女比では、圧倒的に女性のほうが多く、4倍から5倍の差があるといわれています。
なぜ、女性のほうが男性よりもかかりやすいかというのは、出産などによる急激なホルモンの変化の影響のようです。

慢性関節リウマチの初期症状は、身体のだるさや、熱っぽい、汗をかきやすい、などの小さなことから始まるので、あまり気にされない方が多数です。
その症状が進行すると、徐々に手がこわばったりなどの症状が出てきます。
こわばりは、朝がもっとも違和感を感じやすいと言われています。
また、湿気や冷えなども影響してくるので、雨や冬などは、症状がやや酷くなります。
アロママッサージ 東京でも治りません。
はじめは手の関節の症状だけだったのが、次第に足首、ひじ、ひざ、そして周辺の骨や筋肉というように、身体中に痛みが広がっていくのが、慢性関節リウマチの特徴です。

タグ:関節

おりもののお話 後編 [雑記]

おりものの異常があった場合、以下のような病気が考えられます。

カッテージチーズに似たポロポロとしたおりものが出るというおりものの異常があります。
これに、もし強い痒みがあるようであれば、カンジダ膣炎が疑われます。
カンジダは免疫力が低下しているときに発症することが多いので、多くの女性が経験したことのある女性特有の病気と言えます。

また、淋病などでは、とてもわかりやすく、色が少し黄緑色っぽく、ウミのような強い臭いがあるのが特徴です。
ただし、同じような症状として、クラミジア感染症の疑いも考えられます。
トリコモナス原虫によるトリコモナス膣炎も緑色っぽいおりものが出ます。

いずれも、強い臭いとおりものの色の異常などほかにも、痒みやただれなど身体の症状が出ます。
ですので、自分で異常を感じることが多いようです。
異常を感じたのなら、まずは、早めに医師の診断を受け、正しい治療をしてもらうのが良いでしょう。
タグ:

おりもののお話 中編 [雑記]

おりものは、排卵や月経の時期によって、色やねばりなどに変化が生ずるものです。

月経後から排卵期前のおりものだと、どちらかというとサラサラとしています。
排卵期に入るまでに量は増加していき、少し粘りのある半透明となります。
排卵を終えてからのおりものは、少し白みがかってきて、粘り気も少しずつ減少していきます。
月経の前までには、おりものの量はかなり減ることになります。

このように、月経前と月経後、また排卵期と、おりものは、変化をしています。
ですので、その差異をチェックしておくと、なんらかの異常を発見する為にも良いですね。

おりものは基本的には、排卵期を中心として変化していくもですが、もともとの量や色などは個人差も大きくあります。
おりもの用のライナーを使わないと日常生活に支障があるというほどの方から、おりものの量が少なすぎて逆に心配してしまう方まで、多種多様です。
しかし、それは、各個人が普段の様子をよく覚えておく必要がるということでもあります。
色、量、臭いなどに大きな変化があった時には、何らかの疾患が隠れている可能性がありますので、医師の診察を受けるようにしてください。

[PR]
マッサージ 世田谷
出張マッサージ 東京
タグ:

おりもののお話 前編 [雑記]

女性のおりものというのは、不快なものという認識があるかもしれません。
また、おりものがあることで、病気を心配される方もいると思います。
しかし、おりものは、女性ホルモンがしっかりと働いているために出ているものです。
実は健康であるという証拠です。

おりものには、子宮内膜からの分泌物や、卵巣などから剥がれた細胞など、色々なものが含まれています。
もともと、おりものの働きは、子宮や卵巣からの分泌物などを排出し、また、雑菌を同時に排出することで、膣や性器を菌から守るということです。
また、排卵期になれば、受精しやすいようにするという働きもありますので、おりものはとても大切であり、健康状態やホルモンの働きを調べるのにも役立つ存在です。

[PR]
マッサージ 品川
マッサージ 目黒区
タグ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。