So-net無料ブログ作成
検索選択

原因遺伝子の血液検査 [乳がん]

家族性乳がんの原因遺伝子の血液検査には
保険が適用されないようです。

ただし、大学病院やがんセンターなどでは
臨床試験という形で実施されているようですので、
希望すれば、検査を受けることは可能となっています。

日本では、BRCA1、BRCA2についての
基礎データがようやく集まってきた段階だと
いっていい状況になってきています。

共通テーマ:健康

膀胱炎の原因 [膀胱炎]

膀胱炎の原因の一つは、細菌感染です。

細菌が、尿道から膀胱に侵入することで膀胱炎が起こります。

もともと、膀胱内の尿には、少量の細菌があるのですが、
疲労やストレスが原因で、体力が落ちてしまうと
抵抗力も弱くなると細菌に感染しやすくなってしまいます。

こうして膀胱内に細菌が増殖することで膀胱炎になるのです。

また、膀胱炎の原因となる細菌は、ブドウ球菌、大腸菌、
肺炎桿菌、プロテウス、セラチア菌、腸球菌などが見られます。

中でも大腸菌は、膀胱炎の原因の80%前後を占めるといわれています。

過労やダイエットによって体力が落ちて、
抵抗力が弱くなってしまうと、
細菌感染しやすくなるので注意しましょう。

▼女性の方にもオススメのマッサージ店
http://www.tokyo-izumi.com/areas/ota.html

▼色々なマッサージの情報があるサイト
マッサージを福岡市中央区で探しましょう

共通テーマ:健康

生姜の効能で冷え性を解消 [冷え性]

冷え性に効果的な食べ物といえば生姜が有名です。

漢方でも、馴染みがある「生姜」は、
冷え性の解消にも、効果的な食品です。

生姜は、漢方薬のおよそ半分の種類に
配合されていると言われています。

それだけ生姜の薬効は効果的なのです。

また、体を温める作用は、全ての生姜にありますが、
生姜よりも乾生姜、乾姜の方がより強力な効果があります。

生姜は、乾燥したり蒸すことで、
その成分が「濃縮」されてることが、その理由です。

冷え性に悩む方は試してみましょう。



共通テーマ:健康

家族性乳がんの判断基準 [乳がん]

今のところ、日本で一番よく知られている、
家族性乳がんの判断基準というのは
次のようなものがあげられます。

①.第1等近親者(親、子供、兄弟姉妹)に
 発端者(本人)を含めて、3人以上の乳がん患者がいる。

②.第1等近親者(親、子供、兄弟姉妹)に
 発端者を含めて2人以上の乳がん患者がいる場合で、
 そのうち1人が以下のどれかに該当している。

・40歳未満の若年発症者
・両側乳がん患者
・他の臓器のがんを合併
・男性乳がん

▼人気のマッサージ情報のご紹介
東京で受けたい出張マッサージのご紹介
オススメのマッサージ店が調布市にあるんです!


共通テーマ:健康

乳がんの術後ある症状 [乳がん]

乳がんの手術で、乳房切除の痛みや、
つっぱり感は、
時間が経過すると軽くなってきます。

問題となってくるのは、
腋窩リンパ節郭清によるリンパ浮腫です。

乳がんの手術をすると、
リンパ節を覚醒した側の腕が、
しびれたりむくんだりしてきます。

この症状は、リンパ節郭清によって、
腕の末端から心臓に向かうことになる
リンパ液の流れが阻害されて起こってしまいます。

この症状が発生する原因は、
郭清の際に多少なりとも
神経を切ったり傷つけたりしている為です。


共通テーマ:健康

家族性乳がんのクリニック [乳がん]

病院によっては、家族性乳がんの
カウンセリング・クリニックを
開始しているところがあるようです。

一般の人よりも、綿密な検診プログラムを作って
各種リスク因子を避けることによって、
発症を予防できる可能性があり、
本人を含めて家計全体を見守っていかなければならない
と考えているからなのです。

ただ、問題は原因遺伝子を持っている人を
どうやって探すか、ということです。

女性全員の遺伝子を調べるのは、不可能ですので
調査対象者を絞り込まなければならないのです。

どういう人の遺伝子を調べればいいか、
その基準をつくる必要があるようです。

▼人気のマッサージ情報のご紹介
http://www.tokyo-izumi.com/areas/bunkyo.html
オススメのマッサージ店舗をご紹介いたします。

便利な出張マッサージを山口で体験しましょう
オススメのマッサージ検索サイトです

共通テーマ:健康

30代で更年期障害になることもある!? [更年期障害]

40歳台後半になると、更年期障害があらわれることが多くなります。

ところが、30代で更年期障害がみられると、
これは『早発閉経』と扱われます。


『早発閉経』ということはつまり、
30代で『卵巣が機能しなくなってしまうこと』となります。

ひと昔前までは病気や遺伝が原因となるとされていたのですが、
現在では無理なダイエット、疲労、過度のストレスなどとの関係にも注目されているのです。


人間が最低限の生活を送るためには生殖機能を必要としないため、
本当に危機的な状態になると体が勝手にその機能を切り捨ててしまうのです。

現実としてこういうことがあるので、
決してばかにはできませんね。

共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。