So-net無料ブログ作成
検索選択
子宮癌 ブログトップ

子宮癌 後編 [子宮癌]

子宮体癌は、子宮内に発生する癌です。
一般的には、閉経後の五十代、六十代が多くかかる病気だと言われていますね。
子宮内は、閉経前の場合は、内膜が月経によって剥がれていきます。
その為、子宮の癌の発生が少ないと考えられます。
しかし、閉経後はそのような働きが定期的に出来なくなることにより、癌が進行していく傾向にあると言われています。

また、肥満と女性ホルモンの関係は、とても深いものがあります。
それは、閉経後などは、脂肪からエストロゲンというホルモンが形成されるので、肥満気味の女性は特にホルモンの影響を受けやすくなってしまい、その為、子宮体癌になりやすくなってしまうのです。
これが、子宮体癌の可能性のひとつです。

出産経験の影響については、ふたつの癌は対照的です。
子宮体癌は、出産経験の少ない女性の方が発生の確率が高くなります。
これは、女性ホルモンであるエストロゲンが影響しているからだと考えられています。
そして子宮頸癌は、逆に出産の経験の多い方によく見られる症状だと言われています。

ふたつの子宮癌は、どちらも痛みなどの初期症状があまり無いので、なかなか発見しにくい病気です。
発見するためには小さな違いに気をつけなければいけません。
月経以外の出血、血が混じったり、茶色っぽかったり、悪臭のするおりもの、などがその兆候として考えられています。

子宮癌のふたつのうち、多くの女性がかかりやすい子宮頸癌については、定期健診などで早期発見が可能となります。
もし見つかっても、初期であれば子宮摘出ということも無く、その後出産も可能となります。

子宮癌の予防としては、子宮頸癌の防止を考えると不特定多数の性交渉を避けることなどが重要となります。
子宮体癌については、肥満に気をつけて、大豆食品を摂るなど、食生活の改善をするということが大切です。
タグ:子宮

子宮癌 前編 [子宮癌]

成人女性のほとんどが、月経のさいに何らかの不調があるそうです。
子宮内膜症は、激しい月経痛をともないますし、また、子宮筋腫は、月経の出血過多などが見られます。
特に子宮筋腫の場合は、気がつかない人も含めてとても多くの女性に見られる疾患です。
このふたつは、治療を受けながら様子を見ていくことになりますね。
それらだけでなく、月経の異常というのは多くの女性に症状が見られます。
また、出産と関係する排卵障害なども、女性特有の病気として知られています。

女性特有の深刻な疾患と言えば、乳癌と子宮癌が挙げられますね。
子宮には、様々な病気がありますが、その中でも重症になる可能性があるのが子宮癌です。

子宮癌は、発生箇所によって子宮体癌と子宮頸癌のふたつに分けられます。
前者は、日本人に多く見られる子宮癌であり、子宮の出口に近い部分に発生する癌です。
通常の子宮癌検診とは、この子宮頸癌であるかのチェックです。

子宮頸癌の発生の原因としては、ウイルス感染が考えられます。
感染の可能性としては、性交渉が早い時期にあること。
不特定の男性との性交渉があること。
中絶の経験が多い、などのが影響が挙げられています。
タグ:子宮
子宮癌 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。