So-net無料ブログ作成
検索選択

痔 後編 [痔]

裂肛は、切れ痔と呼ばれるタイプの痔です。
硬い便などが原因で起こることが多いですね。
そのため、便秘などがその主な原因であることが多くなっています。
無理にいきんだり、硬い便を出したりすることで、肛門を傷つけることで切れ痔となります。
意外と若い女性などに多い痔ですね。
また、痛いのが嫌で排泄を我慢してしまい、より便秘的な状態になることで痔が悪化することもあります。

痔核は、いぼ痔と呼ばれるタイプの痔です。
痔核の主な原因は、うっ血です。
こちらは座りっぱなしの仕事をしている場合に起こりやすいですね。
っして、そのような状態に似た現象が起こるのが、妊娠時です。
妊娠時は、便秘やうっ血など、痔になりやすい環境とも言えます。

普通に考えて、肛門から血が出た場合、痔を疑うことは多いと思います。
そこで市販薬に頼り続けていくと、痔ではなく、もっと重大な疾患である可能性もあります。
そのようなことを防ぐためにも、痔になったかなと思ったら、肛門科など医師に相談してみるのが良いでしょう。

肛門の中にできるタイプの内痔核は、奥にあるため、あまり痛みを感じないことが多いようです。
しかし、排泄の刺激により大きくなって出血したり、脱肛と言って外に出てしまうと激しく痛みます。

痔を防ぐためには、まず、血行促進のために身体を冷やさないように気をつけましょう。
適度な運動は常に行いましょう。

そして、気をつけたいのが、便秘予防です。
痔に悪影響のある刺激物を控えることも必要ですね。
カレーや唐辛子を使った料理なども、肛門に刺激を与えますので控えてください。
タグ:肛門

共通テーマ:健康

痔 前編 [痔]

女性がかかる病気で、恥ずかしいなどの気持ちから、なかなか人に相談しにくい病気というものがありますね。

色々とあるなかで女性がかかりやすい病気で、医師に相談しにくい疾病のひとつが痔です。
痔というのは、特に性別問わない感じですね。
むしろ男性の方が多そうなイメージがあります。
しかし実は、女性でも痔に悩む方は少なくありません。
特に妊娠や出産などのタイミングで悪化することがあります。

痔になる要因というのは、いくつか考えられます。
女性に良く見られる便秘や冷え性も原因です。
妊娠や出産なども主な原因として考えられます。
妊娠中は、子宮へ影響を与えないように、ホルモンが腸などの動きも抑えてしまいます。
そのせいで妊娠中に便秘が起こりやすいのです。

男性に限らず、女性にもよく発生する痔という病気。
本格的になってしまうと笑えない状態になりますが、そんな辛い病気にもかかわらず、なぜか嘲笑の対象にされることが多いようです。
恐る恐る腰を下ろす姿などが、はたで見ていると確かにコミカルとも言えなくないですけど。

患部もお尻ですし、なかなか相談しにくいことから、あまり詳しく知らない方も多いかもしれません。
痔というのは、いくつかの種類があります。
特になりやすい2種類の痔について次項で確認します。
タグ:肛門

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。