So-net無料ブログ作成
月経異常 ブログトップ

月経異常 後編 [月経異常]

月経異常は、長すぎる周期の問題だけではありません。
逆に月経の期間が異常に短いなどの症状もあります。
通常の周期と違い28周期よりも短い場合は、黄体ホルモンの異常である黄体機能不全の可能性があります。
ほかにも短い周期での月経では、子宮筋腫などの病気が隠れていることも考えられます。
子宮筋腫は、そのものは良性なのですが、一度出血すると止まりにくいと言われていますから、出血異常を感じた場合には、病院で診てもらいましょう。

精神に大きな影響があるのが、PMSと呼ばれる月経前症候群と言う症状です。
これは、イライラや憂鬱などの症状のほか、頭痛や肩こり、痒みや肌荒れ、下腹部の鈍痛など大変憂鬱な症状が出やすくなります。
ほとんどの方が、医師にかからないほどの程度で済むようですが、酷くなると日常生活に差し障りが出てくる場合もあります。
あまりにも苦しいと感じたのなら、直接的な症状でなくても、医師に相談してみると良いでしょう。

月経異常による病気は、軽いものから重大な疾患まで色々ですね。
定期的な検診や早めに医師に相談するなどして、病気を発見したり、予防するように気をつけましょう。
タグ:精神 子宮

共通テーマ:健康

月経異常 中編 [月経異常]

人によっては、無月経症といい、月経の起こる年齢であるにも関わらず、過剰なダイエットなどを原因として、月経が来ないケースがあります。
そのような大きな問題ではないとしても、ホルモンバランスを始め、ストレスなどによっても、月経の周期が乱れてしまうことは、多くの女性が経験していることです。

しかし、あまりにも長すぎる月経周期のケースだと、何らかの問題を疑うべきですので、医師の指示を仰ぐ必然性があると思います。
乳腺刺激ホルモンが過剰に分泌する高プロラクチン血症などは、排卵を抑制することで、月経周期の乱れを生じさせます。
卵胞から排卵しない無排卵という可能性もあります。

月経異常の理由としては、ホルモンバランス、ストレスなどの影響のほかにも、特に女性に多いのですが過剰なダイエットなども、月経が止まってしまう原因となります。
なかには、そのような原因とは違う甲状腺の問題もありますし、子宮や卵巣の疾病の可能性が疑われる場合もあります。
重大な問題を早期発見するためにも、気になる症状が出た場合には、迷わず婦人科にかかることをおすすめします。
タグ:子宮

共通テーマ:健康

月経異常 前編 [月経異常]

28日周期でやってくるのが月経です。
女性の子宮内では、産まれてくる子供の大切な寝床になるために準備をしています。
排卵期の頃から準備をしているのですが、妊娠の可能性が無いと、その部分は、必要が無くなるため剥がれ落ちて、体外に出ます。
これが月経となります。

月経では、子宮内膜と呼ばれる部分が剥がれる際に、不快感や痛みを感じます。
思春期から五十代まで続く、この月経なのですが、男性には分からない辛さがあり、毎月、本当に疎ましく感じている女性も少なくありません。
しかし、この月経が無くなる閉経時に、ホルモンのバランスが崩れて更年期障害などを起こすことからも想像できる通り、周期的に月経が来るというのは、女性の身体にとって健康である証明でもあります。

月経は、定期的にやってくる現象なのですが、その周期や出血の量などで、身体の不調が分かることもあります。
月経異常というのは、さまざまな種類があり、疾患による異常な症状だけでなく、ホルモンによる月経周期の狂いなども考えられます。

[PR]
アロママッサージ
オイルマッサージ
タグ:子宮

共通テーマ:健康
月経異常 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。