So-net無料ブログ作成
検索選択
リウマチ ブログトップ

慢性関節リウマチのお話 後編 [リウマチ]

慢性関節リウマチは自己免疫疾患の一種だといわれています。
自己免疫疾患というのは、通常、菌などを退治するはずの免疫力が、逆に自分の身体を攻撃してしまうというものです。

加齢によって起こる印象の強いリウマチなのですが、三十代に多いのは、妊娠出産のホルモンバランスなどが、影響している為ではないかと言われています。
女性には、乳腺刺激ホルモン、卵胞ホルモンというホルモンの働きがありますが、この働きは自己免疫を強くすると言われています。
妊娠中には、副腎皮質ステロイドホルモンというのが急増して、免疫の力を一旦抑えているそうです。
しかし、この作用は出産までです。
出産を終えてしまうと、この抑制が解かれることになります。
一気に、抑えるホルモンの作用がなくなると、急に免疫の機能が高まりすぎて、自身を攻撃する自己免疫疾患という状況になりやすくなってしまいます。

関節の症状が酷くなると、安静にしていなければいけませんが、症状が初期ならば、運動も効果的です。
そのまま症状を放置しておくと、関節の形が変わってしまい、動かなくなってしまうこともあります。
慢性関節リウマチは、一気に酷くはならず、回復したように見えつつも、徐々に進行していくという形の病気ですので、油断していると病状が悪化してしまうということがあるようです。

症状が見られてからの改善方法では、薬やリハビリテーションや手術という選択があります。
症状が軽ければ、リハビリである程度改善が見られるようです。
また、筋力にも影響がある為、筋力をつける運動は必須かもしれません。
タグ:関節

共通テーマ:健康

慢性関節リウマチのお話 前編 [リウマチ]

関節痛は、加齢による症状の代表的なものと言えます。
リンパマッサージ 高田馬場でも治りません。
関節痛は、通常、軟骨のクッションが弱くなったりすることと、加齢によって骨の動きが不自然になることが考えられています。

そして、関節の痛みの症状のなかでは、リウマチという代表的な疾患があります。
リウマチと言えば、関節が痛む年配者の病気だと思ってしまうかもしれませんが、この症状は単なる関節痛とは違う現象で起こります。

慢性関節リウマチの発症は、三十代からと比較的若くみられ、だいたい五十代くらいまでに発症すると言われています。
人口の約0.5パーセントから1パーセントが慢性関節リウマチであると言われているくらい、非常にかかりやすい疾患でもあります。
男女比では、圧倒的に女性のほうが多く、4倍から5倍の差があるといわれています。
なぜ、女性のほうが男性よりもかかりやすいかというのは、出産などによる急激なホルモンの変化の影響のようです。

慢性関節リウマチの初期症状は、身体のだるさや、熱っぽい、汗をかきやすい、などの小さなことから始まるので、あまり気にされない方が多数です。
その症状が進行すると、徐々に手がこわばったりなどの症状が出てきます。
こわばりは、朝がもっとも違和感を感じやすいと言われています。
また、湿気や冷えなども影響してくるので、雨や冬などは、症状がやや酷くなります。
アロママッサージ 東京でも治りません。
はじめは手の関節の症状だけだったのが、次第に足首、ひじ、ひざ、そして周辺の骨や筋肉というように、身体中に痛みが広がっていくのが、慢性関節リウマチの特徴です。

タグ:関節

共通テーマ:健康
リウマチ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。