So-net無料ブログ作成
検索選択

喉が痛い時にやる事とは [貧血]

風邪で喉が痛い時があると思われますが、

それは喉の粘膜に菌が付着し喉の細胞の中まで入って悪さをするからだと言われています。

そんな時はうがいをするのが良い様ですが、

普通の水で行なうよりも紅茶や塩水で行なう方が、

より良い殺菌作用で喉に良いようです。

しかし、うがいというものはやりすぎると喉にとって良いとされている菌までも排除してしまうようで、

1日で行なううがいの回数は多くても5~6回程度が妥当だと言われています。

それ以上のうがいは極力控える様にしましょう。



共通テーマ:健康

貧血のお話 後編 [貧血]

鉄欠乏性貧血なら通常は、鉄剤を飲むことによって、症状の解消へ導くことができます。
数ヶ月飲み続けることで、ある程度症状は回復します。
しかし、身体の鉄貯蔵までも改善させるのであれば、もう少し長い間の服用が必要となります。
また、食事にも気をつけることが重要です。

鉄剤や食事での鉄分を摂取するときには、お茶のタンニンが阻害することがありますので、気をつけてください。
食品としての鉄分は、レバーや赤身の肉、ひじきやもずく、ほうれん草、小松菜などに多く含まれています。
積極的に摂取すると良いと思います。
また、鉄分を吸収する働きをしてくれるビタミンCを同時に摂取することは、非常に効果的です。

とはいえ、症状が重くなってしまえば、食品での鉄分摂取では間に合わないと言えます。
使用する鉄分だけでなく、貯めておく鉄分も補充するためには、鉄剤の使用が必須となってくるでしょう。
血液検査などによって、医師が服用の指示をしましたら、しっかりと飲み続けましょう。
症状が改善しても、まだ飲み続ける可能性がありますが、鉄分がまだ貯蔵するところまで行っていないと認識して飲み忘れなどをしないようにすることが、鉄欠乏性貧血を改善させるには大切です。
タグ:血液

共通テーマ:健康

貧血のお話 中編 [貧血]

貧血というのはどのような状態になることでしょうか。
血液の赤血球の中には、酸素を送る働きをするヘモグロビンという成分があります。
人間は、鉄分を食品でのみ摂取することになるのですが、何かの理由でヘモグロビンにとって重要な鉄が減少することで、ヘモグロビンが減ってしまうことになります。
そういったことから、貧血の検査ではヘモグロビンの濃度を測り、それが低い数値であれば貧血と言われます。
ヘモグロビンの合成には、鉄分が必要であり、鉄分が不足することによって貧血となります。
このタイプがマッサージ 求人 東京でも言われているように最も多くある貧血です。

また、人間の身体は、肝臓などに鉄を一旦貯めておくことができます。
ですので、出血したり、一時的に摂取が減少したとしても、肝臓にある鉄がヘモグロビンの為に与えられるので、通常は簡単に貧血にはならない仕組みになっています。
しかし、妊娠中、または授乳中などによって、多くの鉄が必要になる時期などは、食品から摂取できる鉄分と貯めてある鉄分に対して、使用する鉄分が大きく上回り、鉄分を失うこともあります。
貯めてある鉄が無くなってしまえば、薬などで鉄分を補充しないとヘモグロビンの濃度は低下し続けます。
これが、鉄欠乏性貧血のメカニズムです。

鉄欠乏性貧血は、妊娠出産期の女性限定ではなく、元々の食事での鉄分不足でも考えられます。
また、池袋 アロママッサージ以外の何らかの理由による出血というのも、貧血の原因になります。
また、胃の手術後なども、鉄分をうまく摂り込めないので、鉄分不足になることがあるそうです。
タグ:血液

共通テーマ:健康

貧血のお話 前編 [貧血]

やはり、女性特有の病気というのは、とても数が多いです。
月経不順によって分かる何らかの疾患や、危険な乳がんなどの乳房の疾患など、男性とは違うパーツを持つことで、また違った病気の可能性があります。
また、毎日の生活が過ごし辛くなる月経時や、人によっては痛みを感じる排卵期、精神的にブルーになる月経前などは、生命に危険があるわけではないとは言え、女性にとってはかなり辛いものとなります。
できれば解消したいものですよね。
まだほかにも女性特有の病状というのは、冷えやむくみなど様々なものがあります。

常に体調の悪さを感じやすい貧血というのもまた、女性に多い病気だと言えます。
それは、やはり毎月の月経という仕組みによって、血液の排出が多いからだと考えられますね。
胎児に栄養を与えなければならない妊娠時なども、特に栄養が足りなくなりがちで、症状として貧血はかなり多くの妊婦が経験すると言います。
また、過剰なダイエットを行う人が多いのも、女性の貧血の大きな要因とも言えます。

貧血の症状としては、ダルさやイライラと言った気分の変化、めまい、動悸、頻脈と言うように、精神的な変化と身体的な変化があります。
例えば、顔面蒼白などは、貧血であることが分かりやすい症状でしょう。
このように、日常生活に違和感を感じる症状が並びますが、酷い方になると、日常生活も困難になることもあります。
タグ:血液

共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。