So-net無料ブログ作成
検索選択
子宮筋腫 ブログトップ

子宮筋腫の原因 [子宮筋腫]

子宮筋腫が発生する原因については、
未だに、はっきりしたことが分かっていません。

筋腫の発生のメカニズムというのは、未だに謎なことが多いのです。

ただ、生まれつき持っている「筋腫の芽」が、
女性ホルモンの影響などの影響によって大きくなり、
それが、子宮筋腫に発展するのではないかという説があります。

女性ホルモンの一つであるエストロゲンは、
女性の性成熟期である30~40代に、
その分泌が一番盛んになるという特徴があります。

この年代に子宮筋腫の発症が一番多いことから、
子宮筋腫の原因にはエストロゲンの影響が考えられているのです。

◆健康促進にも役立つマッサージをしてくれる店
港区 アロママッサージ

◆健康促進に役立つマッサージ店を探せるサイト
マッサージ 市原市

共通テーマ:健康

子宮筋腫のお話 [子宮筋腫]

平滑筋の中にある筋肉の瘤の様な塊ができることを、子宮筋腫と呼ばれています。

子宮筋腫とは良性の腫瘍となっています。
ほかの臓器へと転移するようなことは、ほとんどないのです。
筋腫はその周りにある正常な筋層を押しのけて、ゆっくりと時間をかけて少しずつ成長していきます。
大きさには、顕微鏡を使ってようやく確認できるものから、大きいものでは数10cmのものまであるのです。
硬さはだいたいソフトボールくらいの硬さで、その中は一般的にはピンク色、または灰白色をしているものが多いです。
なかには子宮筋腫を養っている血液の流れが急速に悪化してしまった為に、血液が内部に充満していて暗赤色になっている筋腫もあります。

また、筋腫の細胞が死んでしまった後は、筋腫はやわらかくなって、色は黄色調になってきます。
更に進んだ後には、ゼラチンような透明な物質に変化してきます。
他に、カルシウムが沈着する筋腫も確認されていて、この筋腫の硬さは石のようになり、エックス線などでハッキリと見れることもあります。

共通テーマ:健康
子宮筋腫 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。